Google
 

2008年11月17日

しし座流星群

しし座流星群(ししざりゅうせいぐん、学名 Leonids)は、しし座に放射点を持つ流星群である。毎年11月14日頃から11月24日頃まで出現が見られ、11月17日頃に極大を迎える。母天体はテンペル・タットル彗星(55P/Tempel-Tuttle)である。普通の年には極大時に1時間あたり数個の流星が観測できるが、過去に何度も大出現が見られた。流星天文学の発展にも重要な役割を果たしてきた流星群である。
posted by トール at 23:05| Comment(0) | TrackBack(0) | サイエンス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/109817081

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。