Google
 

2006年12月01日

microSDカード

 メモリカードの勢力図に異変が起きた。 SDメモリカード(SDカード)に代表される「SD系」がメモリカードのおおよそ7割を占める状態こそ変わらないが、SD系のシェア拡大の原動力となった「miniSDカード」の売れ行きが鈍り、代わって「microSDカード」が急激に伸びているのだ。とくに10月半ば以降、週を追うごとに増え、11月第4週(06年11月20日-11月26日)の「BCNランキング」では、「microSD」がメモリカード全体の15%以上にまで拡大してきた。 microSDの販売量が増えた理由は1つ。 外部メモリに「microSD」を採用する携帯電話が各社の秋冬モデルで一気に増えたからだ。たとえば、NTTドコモの秋冬モデル「903iシリーズ」11機種のうち、microSDカードに対応するのは9機種、auは12のうち10機種、ソフトバンクモバイルは15のうち9機種と、ほとんどが「microSD」対応といってもいい。 microSD小さすぎてなくしそうでコワい
posted by トール at 17:50| Comment(0) | TrackBack(0) | プロダクト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。