Google
 

2006年12月07日

任天堂が好きな人

「本当に自分が長く使えるものを選ぶ傾向がある」──ブランド分析などを手掛けるブランドデータバンクは12月4日、任天堂を好きな人のプロファイリングリポートを発表した。新型ゲーム機「Wii」の発売で一般からも注目が集まる同社だが、任天堂ファンは「時代に応じて流動的になりがちな一般的な消費者とは少し異なる」という。 ランキング表 http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0612/04/news047.html  同社は消費者の持ち物・好みに関する調査を半年ごとに実施。今年6月にインターネットで実施した調査から、任天堂を好きな人の分析リポートを作成した。  有効回答3万493サンプルのうち、任天堂が好きと答えたのは1555サンプル。平均年齢は34.3歳と全体の平均から3歳ほど若く、そのためもあってか平均世帯年収596万円・平均個人年収309万円・平均おこずかい4.27万円は全体平均を下回った。情報に触れる機会はテレビCMや口コミからが多かった。  所有ハードはプレイステーション2、プレイステーションに次いでスーパーファミコンが3位。これにニンテンドーDS、ゲームボーイアドバンスSP、ゲームボーイ、ゲームキューブが続く。  好きなゲームは「ドラゴンクエスト」シリーズがトップだが、2位に「脳を鍛える大人のDSトレーニング」、3位に「マリオシリーズ」が入り、6位と7位に「どうぶつの森」シリーズ、17位に「ファイアーエムブレム」シリーズが入るなど、任天堂タイトルが多く占めた。  任天堂のほかに好きなエンターテインメント企業の上位3社は、スクウェア・エニックス、ソニー・コンピュータエンタテインメント、スタジオジブリ。これにフィギュア制作の海洋堂が4位で続く。  好きなキャラクターのトップは「リラックマ」で、「ピカチュウ」が4位、「マリオ」が7位。「ケロロ軍曹」や「トトロ」、「トロ」など「カワイイ系のキャラクターが上位を占めている」(同社)という結果に。好きな楽曲は「さくら」「世界に一つだけの花」といった話題の曲や、「未来予想図」「everything」など、「長く愛されるような名曲を好む傾向がやや見える」(同社)という。  ゲーム関連以外で好きなブランドは、auやシャープ、パナソニック、日産、ホンダなど。全体のデータで各ジャンル1位のNTTドコモ、ソニー、トヨタなどが上位に挙がっておらず、「2番手好み」という傾向もありそう。食品などのブランドの好みは一般とあまり変わらなかった。  同社は「任天堂を好きな人は、ロングセラー・安心して楽しめるコンテンツを好むものの、一番売れているものばかりを選んでいるわけではない。新しいものや売れているものにただ手を伸ばすわけではなく、本当に長く使えるものを選ぶという傾向が全体を通じて見られている」とまとめている。  ファミコン時代からのユーザーや、ニンテンドーDSで初めて触れたユーザーなど、任天堂製品の利用者は様々だが、「任天堂が長い間、魅力ある製品・ブランド・コンテンツを提供し続けた積み重ねがあるからで、それこそが今も変わらず愛されている理由の一つと考えることができるのでは」(同社) http://www.itmedia.co.jp/news/
posted by トール at 09:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/109860625

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。