Google
 

2006年12月08日

¥683000

 国家公務員に8日、冬のボーナス(期末・勤勉手当)が支給された。総務省 によると、管理職を除く一般行政職(平均年齢34.7歳)への平均支給額は 昨冬とほぼ同水準の約68万3000円。人事院勧告に基づき支給総額を据え 置いたためで、平均年齢が0.1歳上がった分、0.1%(約1000円)増 となった。  主な特別職の支給額は安倍晋三首相と島田仁郎最高裁長官の約582万円が 最高で、衆参両院議長の約553万円が続く。閣僚は在職期間に応じ約452 万〜358万円、事務次官は約340万円、国会議員は約330万円。ただ、 安倍内閣では歳出削減の一環として、首相は30%、閣僚は10%の報酬カッ トを行っており、実際の首相への支給額は約174万円低い。  また、地方公務員の管理職を除く一般行政職(平均年齢36.2歳)への平 均支給額もほぼ昨冬並みの約65万2000円となっている。 総理ってたんまりもらってるんですね〜もらいすぎって位 議員って仕事もハードですしね。 貰う分の成果を出してもらいたいものです
posted by トール at 15:27| Comment(0) | TrackBack(1) | 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

人事院勧告
Excerpt: 人事院勧告人事院勧告(じんじいんかんこく)とは、人事院が、民間企業に勤める労働者と一般職の国家公務員の給与水準を比較検討して、双方の給与水準の格差をなくすことを目標に、給与の改定を内閣と国会に提出(勧..
Weblog: あつこの部屋
Tracked: 2007-07-28 05:57
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。