Google
 

2009年06月15日

無料レポートと商材紹介




■情報商材

☆☆☆☆☆☆今回のイチオシ☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

「1日20分でOK!携帯アフィリで月10万以上の安定収入をGETする!」

1日たったの20分でOK!あなたの空いた時間を利用して携帯アフィリ!月10万円を達成する事を目的とした図解解説付きの携帯アフィリマニュアル!

成長期段階の携帯アフィリエイトマーケット!!

携帯アフィリエイト参入はまだおそくありません。

携帯サイト数はまだまだ少なく、稼げるキーワードがスカスカです!

↓↓この無料レポートはこんな方にお勧めです。 ↓↓


□携帯アフィリエイトをしたいが、知識がない。

□ちょっとした空き時間で副収入がほしい。

□パソコンについて詳しくない。

□自宅に居ながら安定した収入を得たい。

あなたの1日のちょっとした時間で、月10万円の収入を安定して稼ぐ、
初心者向けの“携帯アフィリマニュアル”です。

追伸:アフィリエイトを始めるなら、PCアフィリエイトよりも断然!
   携帯アフィリエイトです。

ライバルが少なく、 これからもっと大きくなるマーケットなので、今のうちに、携帯アフィリを始めて下さい。

ダウンロードはこちら↓
http://mag-zou.com/report_get.php?id=m1000014951&n=m1000011533

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆


▼加藤さんの商材です↓
 あの特進がたったの5000円?!           
 通常52,500円の特進アフィリエイトの体験版です。
 体験版とはいえ内容もサポートも充実しています。
 5000円の超優良商材です↓覗いてみてください!
 http://www.infotop.jp/click.php?aid=87914&iid=2654  


▼スローリッチスタイルの特進アフィリエイト↓
 特進アフィリエイトプロジェクトは、特進本という実践説明書を教材に進めていきます。この本は、完全にこうしたらこうなるという方法論に特化した内容になっています。

→全288ページ(ぎっしりテキストで詰まっています)
印刷書籍となっており、随時リニューアル、改訂版配布なども行っております。
約2年間で4800名以上の方がご購入頂き、今もなお、売れ続けております。
↓セミリタイヤ続出
http://123direct.info/tracking/af/52210/V5YOZRmf/

 7daysの川島さんがアフィリエイトノウハウの販売を開始しました。
 7daysで2億円を稼いでいる川島さん(インフォパブリッシング(株)代表)の音声データ+PDFデータが¥12,700と情報商材としては低価格で販売中です!

☆☆☆☆☆☆お得なイチオシ☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
■川島式アフィリエイトノウハウ■MP3+PDF■■■■
http://www.infotop.jp/click.php?aid=87914&iid=2654  
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

テリー伊藤氏も「あ然!」とした19万部のベストセラーの著者 川島和
正の最新作「7DAYSプログラム 」↓
http://infostore.jp/dp.do?af=shimonoryo&ip=ip&pd=7days2007


本日の内容は以上です。

本日の内容で分からないことがあった方はこのメールの一番下に質問受

付用のサイトアドレスを載せておいたのでこちらからメッセージを送っ

てください!
posted by トール at 22:54| Comment(0) | TrackBack(0) | プロダクト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月24日

SSD

Flash SSD (Flash Solid State Drive) は、記憶装置の種類の一つ。OSからはハードディスクドライブのように見えるフラッシュメモリであり、Solid State Drive(SSD,Solid State Diskとも)の一種である。
フラッシュメモリドライブ(フラッシュメモリディスク)、フラッシュドライブ(フラッシュディスク)、シリコンドライブ(シリコンディスク)などと様々な呼称で呼ばれている。
一般的にSSDという呼称はこの形態の製品を指して用いられることが多い。USBメモリを指す場合もあれば、内蔵ハードディスクドライブ(HDD) を置き換える用途で使われるフラッシュメモリを指すこともある。
posted by トール at 02:40| Comment(0) | TrackBack(0) | プロダクト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月18日

インテル

インテル株式会社は、高性能デスクトップ PC 向けのハイエンド CPU 製品「インテル Core i7 プロセッサー」を発表した。
Core i7 は、新しい Nehalem(開発コード名)プロセッサーファミリー最初の製品です。
Core i7 プロセッサーは、プロセッサーの動作速度を計測するベンチマーク「SPECint_base_rate2006」において、世界最高記録となる117を達成している。単一のプロセッサーが100を越える数値を記録したのは、初めてのこととされる。
posted by トール at 23:32| Comment(0) | TrackBack(0) | プロダクト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月15日

googleアース

googleアースって知ってます? 地球の航空写真を地球儀に張り合わせたような感じで,航空写真を見ることが 出来るソフトなんですが,結構おもしろいです。もちろん無料です。 http://earth.google.co.jp/ とりあえず自分の知ってるトコ見てみました。 場所によって画像解析出来てるとこと出来てないトコがあるみたいでした。 実家の辺りはかなり精度よく見ることが出来ました。 一番精度のいいトコだと人が映ってるのも確認できました。東京とか精度いい みたいでした。 あとドバイとか南の方の島とか見てみたんですが,なんだか行った気分になりましたよ(^^;)
posted by トール at 10:25| Comment(0) | TrackBack(0) | プロダクト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月13日

ドラクエ

 人気ゲームソフト「ドラゴンクエスト」シリーズ9作目の最新作が、任天堂の携帯型ゲーム機「ニンテンドーDS」向けに制作されることになった。現行のドラクエはソニー・コンピュータ・エンタテインメント(SCE)の「プレイステーション(PS)2」向けだったが、PSから乗り換える。  ドラクエの最新作は「ドラゴンクエストIX 星空の守り人」で、制作するスクウェア・エニックスは発売時期を来年中、価格は未定としている。無線ネット機能に対応、複数のプレーヤーが協力して敵と戦うなどして一緒に遊べるのが特徴。  ドラクエが携帯型ゲーム機向けに発売されるのは初めてだが、昭和61年の発売以来高い人気を維持し続けているゲームソフトで、これまで関連ソフトを含めて4100万本以上が売れた、国内ゲーム市場の“帝王”。  6作目までは任天堂のゲーム機向けとして開発されてきたが、平成12年に発売された7作目「エデンの戦士たち」からはPS系向けに変わった。  それがここに来てPS系から携帯機へと転向したのはなぜだろうか。ゲーム業界関係者は、「カギは開発費の高騰と驚異的なDSの売れ行きにある」と指摘する。  「現在のソフト開発費は平均して3−5億円とされているが、それがPS3などの次世代機になると8−10億円にもなるといわれる。ゲームショーでデモ機として初めて登場したPS3をみた開発者の多くが、映像のキレイさには感心したものの、自分たちがそこまで作り込もうとは思わなかったと話していたように、金がかかりすぎる」  その点、携帯型なら開発費ははるかに安くつく。しかもDSは16年12月の発売以来、これまでに1200万台以上を売り上げているお化け商品だ。  当然DSで使えるソフトも売れ行きは好調。今年5月発売の「Newスーパーマリオブラザーズ」は世界で約400万本、昨年5月発売の「脳を鍛える大人のDSトレーニング」シリーズも約700万本にもなる。そこにドラクエが加われば「鬼に金棒」となる可能性が高い。ただ、スクウェア・エニックスはSCEを見限ったわけではない。もう一つの看板ゲームソフト「ファイナルファンタジー」シリーズの最新作は、PS3向けに投入することを今年5月に公表している。さらにSCEは大株主でもある。  一方で、ドラクエは任天堂の次世代機「Wii」向けの新作を開発することも、今年5月に米国で発表している。  こうしてみると、「ドラクエ=任天堂」「ファイナルファンタジー=PS」という図式が成り立つ。ゲーム機の主導権争いが続くなか、スクウェア・エニックスは両面をにらんだ戦略をとっているといえるだろう。 意外だけど,乗り換えるのに十分な理由があるんだな( ̄ω ̄) http://www.zakzak.co.jp/top/2006_12/t2006121301.html
posted by トール at 19:10| Comment(1) | TrackBack(0) | プロダクト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月12日

wiiリモコン

12月2日に発売された任天堂の新型ゲーム機「Wii」。すでに37万台を売り切り、好調なスタートを切った。 お買い得だといわれている「はじめてのWii パック」は、定価3800円の「Wiiリモコン」が、ミニゲーム集である「はじめてのWii」とのパックだと4800円で購入できる。 WiiリモコンはBluetoothによる通信機能を搭載しており,Bluetooth搭載PCか、Bluetoothアダプタを購入すればWiiリモコンを入力インタフェースとして利用できるはず。そして、WiiリモコンをPC用デバイスとして利用するソフトがいくつか存在する。 ソフトを利用する前に、まずはWiiリモコンをBluetoothでPCと接続 WiiリモコンをPCで使えるようにするソフトは2つ。 1つは「GlovePIE」というソフト。 こちらは、入力デバイスの入出力を設定するソフトで、サンプルプログラム「TestWiimote.PIE」が用意されている。サンプルプログラムを読み込むと、十字キーでキャレットの上下左右などの操作が行える。ただし、サンプルプログラムでは加速度センサーによる操作はできないので、何らかの設定変更が必要だ。  もう1つは「WiinRemote」というソフト。 こちらはWiiリモコンに“特化”したソフトで、Wiiリモコンの加速度センサーの動きに応じてマウスカーソルを操作できる。Wii発売直後から公開されており、現在のバージョンは12月7日付の「WiinRemote_v2006.12.7」。最新バージョンではキャリブレーションが実装され、加速度センサーによる操作感をある程度調整できるようになった。 http://www.itmedia.co.jp/bizid/articles/0612/08/news120.html
posted by トール at 11:51| Comment(0) | TrackBack(2) | プロダクト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月08日

クレーム

任天堂の米法人は7日までに、発売したばかりの新家庭用ゲーム機 「Wii(ウィー)」の購入者に電子メールなどを送り、「利用時はテレビから3 フィート(約90センチ)以上は離れて」と使用上の注意を呼び掛けた。  Wiiは、体の動きを伝える無線コントローラーを実際に振って遊ぶスポーツ や戦闘ゲームが話題を呼び、品切れ続出の人気ぶり。 しかし、激しい動作でテレビにぶつけたり、手首を痛めたりと、苦情が相次い で報告されていた。  アホデスネ 日本じゃなさそうなクレーム。
posted by トール at 15:24| Comment(0) | TrackBack(0) | プロダクト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月05日

今年のヒット商品

三井住友銀行グループのSMBCコンサルティングが2006年のヒット商品番付を発表した。  「東の横綱」には「ニンテンドーDS Lite」と対応ソフト、「西の大関」にはソーシャルネットワーキングサービス(SNS)国内最大手の「mixi」が選ばれた。  「近年は消費行動が多様化し、ヒット商品も小粒になりがちな中、新たな顧客を作り出した商品が上位に入った」と分析している。 今年もあと1ヶ月ですね〜って感じの話題です ニンテンドーは大儲けだな☆
posted by トール at 11:17| Comment(0) | TrackBack(0) | プロダクト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月01日

microSDカード

 メモリカードの勢力図に異変が起きた。 SDメモリカード(SDカード)に代表される「SD系」がメモリカードのおおよそ7割を占める状態こそ変わらないが、SD系のシェア拡大の原動力となった「miniSDカード」の売れ行きが鈍り、代わって「microSDカード」が急激に伸びているのだ。とくに10月半ば以降、週を追うごとに増え、11月第4週(06年11月20日-11月26日)の「BCNランキング」では、「microSD」がメモリカード全体の15%以上にまで拡大してきた。 microSDの販売量が増えた理由は1つ。 外部メモリに「microSD」を採用する携帯電話が各社の秋冬モデルで一気に増えたからだ。たとえば、NTTドコモの秋冬モデル「903iシリーズ」11機種のうち、microSDカードに対応するのは9機種、auは12のうち10機種、ソフトバンクモバイルは15のうち9機種と、ほとんどが「microSD」対応といってもいい。 microSD小さすぎてなくしそうでコワい
posted by トール at 17:50| Comment(0) | TrackBack(0) | プロダクト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月27日

ロボット警備員

robot
人間とロボットが連携して警備にあたる新システム「リボーグQ」を綜合警備保障(東京都港区)が開発し、27日、ショッピングモール「アクアシティお台場」(同)でお披露目した。12月中旬から同モールの「現場」に配置される。  ロボットは高さ1.3メートル。隊員の「分身」となって建物内を時速約1キロで走行し、前後左右のカメラでとらえた周囲の画像を無線で警備室に送る。前面の液晶タッチパネルで館内の案内や迷子情報を表示するほか、呼び出しボタンを押すとテレビ電話に切り替わり、隊員と顔を見ながら話せるなど、来場者との「コミュニケーション機能」も充実させた。  この日の実演では、ロボットが館内通路を約20分間にわたり警備。子どもたちが物珍しげに集まり、タッチパネルに触れるなどしていた。 ターミネーターの誕生まで秒読みですね(^。^?) エッ
posted by トール at 15:06| Comment(0) | TrackBack(0) | プロダクト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。