Google
 

2007年09月03日

弁理士

弁理士 最短合格の時間術・勉強術 弁理士 最短合格の時間術・勉強術
奥町 哲行 (2006/07/07)
インデックス・コミュニケーションズ
この商品の詳細を見る
世間じゃまだまだマイナーな資格になるんでしょうね〜 技術系の人間なんで勉強しようと思うんですが、いかんせん難しい資格なんでとりあえず勉強の方法を勉強しようと思って上記の本を買いました。まだ読んでないんで、感想は後日。
posted by トール at 20:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月15日

中国月探査

中国国防科学技術工業委員会は、第11次5カ年計画(2006〜10年)期間中の「宇宙科学発展計画」を発表した。宇宙科学分野で初めてとなる中期目標で、月探査については07年中に月を周回し、12年前後に月面着陸を行うほか、17年前後に月面でサンプルを採取し、持ち帰るとの目標を設定。 中国の月探査プロジェクトで首席科学者を務める欧陽自遠・中国科学院(科学アカデミー)院士によると、月探査プロジェクトではすべての部品を自主開発し、外国製品は一切使用しない。 欧陽氏曰く「月探査には各国共に強い関心を抱いており、他国の技術援助を得ることは難しい」。 「科技日報」によると、月探査計画の第1段階には14億元の予算を要し、3年に分けての完成を予定。欧陽氏は「中国にとって、これは決して誇張しすぎた金額ではない」と言う。米国のアポロ計画は256億ドルを費やしたが、米国全体の科学技術と経済の発展をけん引した。 欧陽氏は「実際、月探査はわれわれがしないわけにはいかない事業」と強調。 以下は欧陽氏の言。 (月探査の理由) 「月探査は国家の総合的な国力の体現だからだ」。 「その上月探査は、われわれの国家にとって有人宇宙飛行に続く新たな一里塚であり、国家の科学技術発展の目安でもある。また、月の鉱物資源、エネルギー、特殊な環境は、将来人類が奪い合うことになる非常に重要な領域であり、もし中国がずっと手を出さずにいれば、将来何の発言権も持たないことになってしまう」 一方で中国の軍備拡大を警戒する米は,この月探査計画を同国の現在の技術力で十分可能であるとし新たな宇宙開発を隠れみのにした軍備拡張であるとの懸念を発表している。 確かに,中国ならやりかねない話であるし,今後国家の争いの舞台は宇宙,月,果ては火星にまで及びかねない。いつになるか定かではないが,アメリカ宇宙軍なんてのも出てきそうだし( ̄ω ̄;)!!と考えると単純に月での資源争いに遅れをとらない事が重要だとする中国の言い分も嘘ではなさそう。 ともあれ,世界の警察アメリカとアジアのリーダー?中国の争いは宇宙にまで及びそう… 今後は,この2カ国が世界のリーダーシップを争うのかも。EUとかロシアもがんばらないとね。 かたッ苦しい話になりましたが,僕がこの話題に注目したのは↓のマンガを読んでいたからです。 中国とアメリカの宇宙での対立を予期させるようなマンガです。 近未来SFマンガってとこかな? おもしろいです!
MOON LIGHT MILE 14 (14) MOON LIGHT MILE 14 (14)
太田垣 康男 (2007/02/28)
小学館
この商品の詳細を見る
続きを読む
posted by トール at 11:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月07日

カウントダウン

3月に入りもう1週間が過ぎようとしています。 4月からは就職なんで,最後のロングなバケーションになりそうです 論文の審査結果がまだ出ていないのが気になりますが… 一応留年した時の為に就職サイトにも登録してます。 改めてサイトをのぞいてみると,なんだか就職活動の方向性を誤ったような気がします。 1年前はメーカー中心で受けてたんですが,今にして思うとインターネット関連とかソフトウェア関係のほうが自分に合ってる様な気がします。 能力は置いといて… で,リクナビなんかで探してみるとyahooとか,まぐまぐ,mixiなんかが普通に新卒で募集してるしgoogleも日本で募集してたりする[emoji:i-230] もっとIT関係の会社も探してみるんだったかな[emoji:i-202] 宝くじも買ってみないとあたらないしね。 転職とかって手もあるはあるけど,新卒のが楽な気がします こんな心持で4月から大丈夫だろうか( ̄ω ̄;)
posted by トール at 00:02| Comment(0) | TrackBack(1) | 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月19日

NASAとGoogle提携

米航空宇宙局(NASA)のNASAエイムズリサーチセンターと米Googleは12月18日、大容量データ管理や分散コンピューティング、インタフェースなどの分野で提携したと発表した。提携の一環として、まずNASAの持つ情報をインターネット上で公開する作業に着手する。将来的には、気象情報のリアルタイムでの視覚化や気象予報、月や火星の高解像度3次元地図、国際宇宙ステーションやスペースシャトルのリアルタイム追跡などに関する共同作業も行う予定。  NASAエイムズリサーチセンターとGoogle本社は、いずれもカリフォルニア州のシリコンバレーにあり、提携に当たり、両者のチームは情報工学上の様々な問題点や、提携分野などについて議論してきたという。  「NASAが収集した情報はすべての人々に役立つことを目的としており、その多くがパブリックドメインであるにもかかわらず、専門家以外の人々にはアクセスしにくかった」とNASAエイムズリサーチセンター。NASA本部のマイケル・グリフィン氏は「ITと宇宙科学という革新的な組み合わせにより、NASAの研究に誰でもアクセスできるようになる」とコメント。「NASAとGoogleの提携により、将来的には、月面や火星の峡谷へのバーチャル飛行が可能になるだろう」としている。  NASAとGoogleでは、更なる共同作業について、共同研究や製品、設備、教育やミッションなども含めた詳細をまとめている Googleすごいっすね〜 NASAと提携なんて。NASAってとこがすごいな(・ω・)
posted by トール at 15:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月08日

¥683000

 国家公務員に8日、冬のボーナス(期末・勤勉手当)が支給された。総務省 によると、管理職を除く一般行政職(平均年齢34.7歳)への平均支給額は 昨冬とほぼ同水準の約68万3000円。人事院勧告に基づき支給総額を据え 置いたためで、平均年齢が0.1歳上がった分、0.1%(約1000円)増 となった。  主な特別職の支給額は安倍晋三首相と島田仁郎最高裁長官の約582万円が 最高で、衆参両院議長の約553万円が続く。閣僚は在職期間に応じ約452 万〜358万円、事務次官は約340万円、国会議員は約330万円。ただ、 安倍内閣では歳出削減の一環として、首相は30%、閣僚は10%の報酬カッ トを行っており、実際の首相への支給額は約174万円低い。  また、地方公務員の管理職を除く一般行政職(平均年齢36.2歳)への平 均支給額もほぼ昨冬並みの約65万2000円となっている。 総理ってたんまりもらってるんですね〜もらいすぎって位 議員って仕事もハードですしね。 貰う分の成果を出してもらいたいものです
posted by トール at 15:27| Comment(0) | TrackBack(1) | 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

今日は何の日?

ゼミ後にボスに聞かれ誰も答えがわかりませんでしたが, 今日は真珠湾攻撃のあった日だそうです。 終戦記念日なら分かるんですがね 学校でならったっけな? 宣戦布告したのかしてないのかがあいまいなのだそうな とにもかくにもゼミが終わってやっと一息つける “DJ OZMA”の曲を何度聞いたことか… この人の曲聴くと元気でるんです 栄養ドリンクみたいなもんでしたね
posted by トール at 15:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月07日

ゼミ発表

昨日はゼミ発表という 研究経過の報告会でした。 毎週金曜に行っているのですが,先週ボスの都合により出来なかったので, 今週になったわけですが,中止でよかったんじゃ… そして明日は普段どおりにゼミが行われる。 今週は慌しい。 再来週は中間発表がある 2月に本発表なのに,なぜいま中間?と疑問に思うのは僕だけではないはず。 そして,今年から修士の中間発表も行われることになった 去年無かったのに… 中ボスは去年もあったといいはるし。 慌しい年末だお。 1月中にまとめなくてはならない為,正月も気が安まらなさそう。 さっさと終わらせて旅行に(温泉に)出かけたい今日この頃。 以上管理人の愚痴でした。
posted by トール at 13:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

任天堂が好きな人

「本当に自分が長く使えるものを選ぶ傾向がある」──ブランド分析などを手掛けるブランドデータバンクは12月4日、任天堂を好きな人のプロファイリングリポートを発表した。新型ゲーム機「Wii」の発売で一般からも注目が集まる同社だが、任天堂ファンは「時代に応じて流動的になりがちな一般的な消費者とは少し異なる」という。 ランキング表 http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0612/04/news047.html  同社は消費者の持ち物・好みに関する調査を半年ごとに実施。今年6月にインターネットで実施した調査から、任天堂を好きな人の分析リポートを作成した。  有効回答3万493サンプルのうち、任天堂が好きと答えたのは1555サンプル。平均年齢は34.3歳と全体の平均から3歳ほど若く、そのためもあってか平均世帯年収596万円・平均個人年収309万円・平均おこずかい4.27万円は全体平均を下回った。情報に触れる機会はテレビCMや口コミからが多かった。  所有ハードはプレイステーション2、プレイステーションに次いでスーパーファミコンが3位。これにニンテンドーDS、ゲームボーイアドバンスSP、ゲームボーイ、ゲームキューブが続く。  好きなゲームは「ドラゴンクエスト」シリーズがトップだが、2位に「脳を鍛える大人のDSトレーニング」、3位に「マリオシリーズ」が入り、6位と7位に「どうぶつの森」シリーズ、17位に「ファイアーエムブレム」シリーズが入るなど、任天堂タイトルが多く占めた。  任天堂のほかに好きなエンターテインメント企業の上位3社は、スクウェア・エニックス、ソニー・コンピュータエンタテインメント、スタジオジブリ。これにフィギュア制作の海洋堂が4位で続く。  好きなキャラクターのトップは「リラックマ」で、「ピカチュウ」が4位、「マリオ」が7位。「ケロロ軍曹」や「トトロ」、「トロ」など「カワイイ系のキャラクターが上位を占めている」(同社)という結果に。好きな楽曲は「さくら」「世界に一つだけの花」といった話題の曲や、「未来予想図」「everything」など、「長く愛されるような名曲を好む傾向がやや見える」(同社)という。  ゲーム関連以外で好きなブランドは、auやシャープ、パナソニック、日産、ホンダなど。全体のデータで各ジャンル1位のNTTドコモ、ソニー、トヨタなどが上位に挙がっておらず、「2番手好み」という傾向もありそう。食品などのブランドの好みは一般とあまり変わらなかった。  同社は「任天堂を好きな人は、ロングセラー・安心して楽しめるコンテンツを好むものの、一番売れているものばかりを選んでいるわけではない。新しいものや売れているものにただ手を伸ばすわけではなく、本当に長く使えるものを選ぶという傾向が全体を通じて見られている」とまとめている。  ファミコン時代からのユーザーや、ニンテンドーDSで初めて触れたユーザーなど、任天堂製品の利用者は様々だが、「任天堂が長い間、魅力ある製品・ブランド・コンテンツを提供し続けた積み重ねがあるからで、それこそが今も変わらず愛されている理由の一つと考えることができるのでは」(同社) http://www.itmedia.co.jp/news/
posted by トール at 09:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月04日

早生まれ

 1〜3月に生まれる、いわゆる「早生まれ」。年を取れば取るほど、同級生より“ちょっと若い”のが自慢の種にもなるが、幼少期においては体格・体力や学力などにおける同学年児との差が指摘されている。 “格差”に着目したのがJリーグ。  トップリーグであるJ1に所属する選手たちの数を誕生月別に調べたところ、トップが4月で73人、次が5月で64人と、生まれが4月に近いほど数が多いという傾向が現れた。  逆に最も少ないのは2月(24人)で、4月と比較すると、3倍以上の差。「同学年が一緒になって運動すると、早生まれの子供は4月生まれと比べ、体格面でどうしても劣る。すると、『自分は運動ができない』という意識が根付いてしまい、運動から離れるのではないか」と、Jリーグ技術・アカデミー部のマネージャーを務める山下則之さんは分析する。 「早生まれ」は勉学面でもわずかではあるが不利という分析もある。  一橋大学大学院助教授の川口大司さん(労働経済学)は、総務省の就業構造基本調査(平成14年10月実施)をもとにして、「4年制大学卒業の比率」を調べた。その結果、25〜60歳の3月生まれの人の4大卒の割合は男性の場合、25%台で、4月生まれより3ポイント低かった。また、3月生まれの女性も4月生まれより1ポイント低い8%台だった。 川口さんは、小学校時の成績の差がその後の勉学の過程に影響している可能性を示唆し、「教員などに早生まれの子供に早い時期に(できない子だという)烙印(らくいん)を押したりすることがないように注意を喚起する必要がある」と言及する。
posted by トール at 14:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

冷え込み

20061204-00000018-maip-soci-view-000.jpg
 大陸からの高気圧に覆われ、北から寒気が入り込んだ影響で、列島は4日、各地でこの冬の最低気温を観測した。富士山も荒々しい山肌を雪に包み込み、雄大な姿を現した。  気象庁天気相談所によると、各地の朝の最低気温は▽札幌氷点下6.1度▽仙台氷点下1.3度▽大阪3.7度▽東京4.8度▽福岡6.3度で、いずれもこの冬最低だった。富士山に近い静岡県三島市も1.0度と、平年を2.7度下回った。  同相談所は「11月下旬は最低気温が平年より5〜6度高い日があるなど、暖かい日が続いたので、余計に寒く感じたのでは」と話している。寒さは5日も続き、北日本の日本海側を中心に雪も見込まれる。その後の気温は平年並みか高めになりそう。 確かに今日はめっさ寒い!!
posted by トール at 14:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月03日

ネット掲載告訴へ

 6人の交通事故死した子どもの写真が、インターネットのホームページ(HP)上に無断で大量に掲載されていたことが3日、分かった。HPには子どもの生前の写真と遺族を侮辱するコメントも掲載。遺族らは4日、HPを制作した東京都あきる野市の小学校教諭の男(33)に対する、侮辱容疑での告訴状と児童ポルノ処罰法違反容疑での告発状を警視庁に提出する。  関係者によると、HPには東京の片山隼君ら6人の遺族が事故の悲惨さを訴えようと立ち上げたHPから無断転載した写真を掲載。さらに遺族の感情を逆なでするコメントがあった。また、男は「写真が載ったHPがある」と匿名のメールを遺族にも送りつけていた。  隼君の父、徒有(ただあり)さん(50)らが弁護士らと調査を進め、男が交通事故のほか、虐待や災害で死亡した子どもの遺体や裸の写真などを大量に掲載したHPも制作していたことを突き止めた。さらに「クラブきっず」という名前でHPを運営、別のHP上で「3度の飯より遺体が好き」などと名乗って自らのHPを紹介していたことが分かり、告訴・告発に踏み切ることを決めた。  徒有さんは「興味本位や性的倒錯の気持ちで見られるのは遺族にとってはたまらない。サイト管理者が自己規制してほしい」と話している。  男は現在、東京都羽村市の小学校に勤務。名古屋市で事故死した女児の写真を無断掲載したとして、今年9月に愛知県警が著作権法違反容疑で書類送検していた。 こういうヤツが死んだらいいとおもいます デスノートに名前かかれて!
posted by トール at 23:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月02日

宇宙への夢

『アメリカのNASAは、宇宙飛行士を最初に宇宙に送り込んだとき、無重力状態ではボールペンで文字を書くことができないのを発見した。 これではボールペンを持って行っても役に立たない! NASAの科学者たちはこの問題に立ち向かうべく、10年の歳月と120億ドルの開発費をかけて研究を重ねた。 その結果ついに、無重力でも上下逆にしても水の中でも氷点下でも摂氏300度でも、どんな状況下でもどんな表面にでも書けるボールペンを開発した!! 一方、ソ連は鉛筆を使った。』 ステキにアメリカを皮肉ってます
posted by トール at 18:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月28日

アムロ芸人

先日,アメトーク(ガンダム芸人の回)を友人に借りたビデオで見ました。 その回に出てきた‘若井おさむ’という若手芸人?が僕の中でブームです! アムロのモノマネだけでがんばっている芸人さんです! コントはそのほとんどがガンダム(ファースト)の台詞で構成されていて,ガンダム見たことある人はより深く楽しめます☆ これからどんどんTVに出てきて欲しいです!! 興味がある人はこちらへ↓ http://www.youtube.com/watch?v=3DTW3qRHlSc
posted by トール at 15:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。