Google
 

2007年03月12日

Second Life

↑はがっちりマンデーで紹介された時のものです 最近話題の仮想世界「Second Life」。 登録ユーザー数が200万人に達したとして新聞やメディアを賑わせた。 現段階では英語版しか出ていないが、それでも数千人規模の日本人ユーザーがいると言われている。 Second Lifeとは、ユーザーがアバターと呼ばれる自分の分身を、ネットワーク上に構成された3D CGの中に参加させることのできる、インターネット上の仮想世界のこと。 Linden Labという企業が運営している。 オンラインゲームと異なり,Second Lifeでは仮想世界および社会が提供されているだけで、得点を競ったり、共通のゴールを目指したりはしない。続きを読む
posted by トール at 13:15| Comment(2) | TrackBack(3) | second life | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。